投資信託

確定拠出年金~個人型と企業型の違い~

最近話題の確定拠出年金(DC)ですが、個人型と企業型があるのをご存知でしょうか。

関連記事はこちら

【やさしく解説】確定拠出年金とは

 

今回はその違いを比較したいと思います!

 

確定拠出年金 <個人型>

個人型はiDeCoと言われているものです。

 

・加入は任意。自ら金融機関を選択し加入。

・掛金は自分で拠出。

・自分の口座から納付。

・運用商品は加入する金融機関が用意するものから選ぶ。

・口座管理手数料は自己負担。(手数料無料の金融機関もある)

 

iDeCoは任意加入であり、自分の意志がポイントです。

 

確定拠出年金 <企業型>

・勤務先の会社が退職金制度として導入している場合加入。従業員の任意加入の場合も。

・掛金は会社負担または自己負担どちらの場合もある。私の勤務先は全額自己負担でした。

・会社から納付。私の場合は給与天引きでした。

・口座管理手数料は会社負担の場合が多い。

 

企業型は、会社の制度として従業員対象にしているものです。勤務先にこう言った制度があるのか確認してみましょう。

iDeCoと企業型の併用はできますが、会社の規程で企業型がある場合、iDeCo加入は不可となっている場合もありますのでご注意ください。

 

最終的には、両方をよく比較し、自分に合ったほうを選んでください。大きな差はないので、迷った場合は企業型を選んで、手数料を会社に負担してもらうのもありでしょう。