投資信託

節税効果でお得!つみたてNISAの始め方

今回はつみたてNISAについて、その特徴とメリット・デメリットを解説したいと思います。

つみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)
つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です(2018年1月からスタート)。購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

出典:金融庁 ホームページ

このように2018年1月からスタートした新しい制度なのです。

「投資初心者はまずつみたてNISAから始めましょう!」と本当に思うので、その理由を制度の概要を説明していきます。

 

つみたてNISAとは!?

 

つみたてNISAとは、20年間・毎年40万円の投資枠で積立購入した投資信託から得られる利益が非課税になる制度です。

初心者におすすめできるポイントは3つあります。

1.節税効果

配当金や譲渡益が20年間・毎年40万円の非課税投資枠があります。投資による利益には、通常20.315%の税金がかかります。1年で10,000円の利益が出た場合、2,000円程度の税金がかかるところが非課税になります。

20年間×40万円=最大800万円の非課税投資枠があります。

2.選べる投資信託は金融庁が厳選した良質なもの

つみたてNISAで買える投資信託は、金融庁が厳選した良質なものしかありません。つみたてNISAの投資信託銘柄には、金融庁が設定した基準があります。

長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託
○例えば公募株式投資信託の場合、以下の要件をすべて満たすもの

・販売手数料はゼロ(ノーロード)

・信託報酬は一定水準以下(例:国内株のインデックス投信の場合0.5%以下)に限定

・顧客一人ひとりに対して、その顧客が過去1年間に負担した信託報酬の概算金額を通知すること

・信託契約期間が無期限または20年以上であること

・分配頻度が毎月でないこと

・ヘッジ目的の場合等を除き、デリバティブ取引による運用を行っていないこと

出典:金融庁 ホームページ

このように費用が低いものや、長期積立投資に向いているものに限定されています。初心者でも、難しい銘柄選びで失敗することが少ないと思います。

 

3.「長期・積立・分散」投資に向いている

非課税期間が最大20年で、資産運用の基本である「長期・積立・分散」投資に大変向いている制度です。

他にもいくつか制度上のポイントがあります。

・利用できるのは20歳以上の日本在住。(0~19歳はジュニアNISAが利用できる)※ジュニアNISAについてはこちら

11金融機関1口座のみ。NISAかつみたてNISAどちらか一方のみ。金融機関やNISA・つみたてNISAの変更は年単位で可能。

損益通算できない。NISA口座で保有している投資信託が値下がりして売却損が出た場合、他の特定口座や一般口座で保有している商品の利益との相殺(損益通算)ができない。


NISA と つみたてNISA を比較!

NISA つみたてNISA
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円
非課税期間 5年間 20年間
運用商品 投資信託・ETF・株・REIT 投資信託・ETF
制度終了年 2023年まで 2038年まで
流動性 いつでも引き出し可能
メリット ・年間の投資額が大きい
・株やREITにも投資できる
・好きなタイミングで商品を買える
・非課税期間が長い
・運用商品が厳選されていて選びやすい
・少額からスタートしやすい
デメリット ・非課税期間が短い
・運用商品選びが大変
・年間の投資額が少ない
・積立でしか商品を買えない
おすすめできる人 ・商品の値動きを見て購入したい人
・まとまった資金を運用したい人
・これから投資を始める人
・将来に向けて長期的に資産運用したい人

初心者はつみたてNISA、ある程度投資経験者はNISAがおすすめです。

投資の大原則は「長期・積立・分散」投資ですので、個人的にはつみたてNISAがおすすめです。投資はドルコスト平均法により、長期のほうが成果が出やすいです。(関連記事:ドルコスト平均法とは!?

運用商品もつみたてNISAは投資信託とETF(上場投資信託)の良質なものに限られているので、選びやすいと思います。

最近では、大手金融機関よりもネット銀行やネット証券を選んだほうが良いと思います。NISAに限らず手数料が安い傾向があり、商品ラインナップが豊富です。

★特におすすめなのが、次の3社!

マネックス証券:アプリや取引ツールが使いやすい!購入手数料がかかる商品も全額キャッシュバックなので、実質全銘柄無料で積立!

SBI証券:取扱投信本数2,637本、購入手数料無料の投信本数1,307本!

楽天証券:取扱投信本数2,629本、購入手数料無料の投信本数1,296本!


マネックス証券

楽天証券は楽天ポイントで投資信託を買えるので、僕のつみたてNISAは楽天証券です。

<関連記事>

楽天証券で投信積立を始める際の、銘柄選び!

【誰でもできる100円投信積立】楽天証券で口座開設してみた!

つみたてNISA と iDeCo を比較!

つみたてNISA iDeCo(確定拠出年金)
非課税制度 20年間、毎年40万円(最大800万円)の非課税投資枠での運用益が非課税 ・掛金が全額所得税控除
・運用益も非課税
・受取時も非課税
運用可能期間 20年間 原則60歳まで
年間投資限度額 40万円 144,000~816,000円
流動性 いつでも引き出し可能 中途解約不可(積立中止は可)
運用商品 一部の投資信託・ETF 一部の投資信託・預金・保険

iDeCoのメリットは、つみたてNISAよりも非課税制度が充実していてお得。さらに運用商品は投資信託よりもリスクの低い定期預金や保険といった運用商品も選択可能。商品を預金にして、所得税控除の恩恵を受けるだけでも節税効果がありお得です。

iDeCoのデメリットは、中途解約不可という点ですが、強制的に老後資金をためれます。

僕はつみたてNISAとiDeCoの併用が最強の資産運用だと思っています!!

こうした非課税制度をしっかり活用して節税しながら、資産運用に親しみ幅を広げていきましょう。

<関連記事>

【やさしく解説】確定拠出年金とは

まとめ

NISA つみたてNISA iDeCo(確定拠出年金)
非課税投資枠 年間120万円 年間40万円 144,000~816,000円
非課税期間 5年間 20年間 原則60歳まで
運用商品 投資信託・ETF・株・REIT 投資信託・ETF 投資信託・預金・保険
制度終了年 2023年まで 2038年まで
流動性 いつでも引き出し可能 中途解約不可(積立中止は可)
メリット ・年間の投資額が大きい
・株やREITにも投資できる
・好きなタイミングで商品を買える
・非課税期間が長い
・運用商品が厳選されていて選びやすい
・少額からスタートしやすい
・掛金が全額所得税控除
・運用益も非課税
・受取時も非課税
デメリット ・非課税期間が短い
・運用商品選びが大変
・年間の投資額が少ない
・積立でしか商品を買えない
・原則途中で引き出せない
おすすめできる人 ・商品の値動きを見て購入したい人
・まとまった資金を運用したい人
・これから投資を始める人
・将来に向けて長期的に資産運用したい人
・老後のための資産形成をしたい人
・節税メリットを最大限享受したい人

 

NISAとつみたてNISAは一方しか選べないため、つみたてNISAとiDeCoの併用が、節税メリットを最大限受けられ長期的な資産形成ができる初心者におすすめな王道の資産運用です。

値動きのある商品に対して、リスクを抑える方法は、やはり「積立」です。

40年前と比べると、日本の物価は確実に上昇しました。これは50円で買えたものが100円必要になる=円の価値が下落している、ということです。

政府は経済対策を行って物価の上昇を図っていますが、今現在の経験則で言うと経済が成長する限り物価は上がります。つまり円の価値は下落し続けます。

ではどうすればいいか。「資産運用」です。円預金で資産を持つことのリスクを認識すればすぐ始めましょう。初心者で不安という方や、忙しくて時間がないサラリーマンや主婦の方も、まずつみたてNISAやiDeCoという制度を使って、節税メリットを享受しながら資産運用を慣れていきましょう。

節税メリットを受けれるだけでも、運用成績はプラスです 笑

ちなみに最近は「ロボアド」という資産運用も初心者の方に人気なので、こちらも参考に!

WealthNaviとTHEO!最強の資産運用「ロボアド」上位2社を徹底比較