資産運用

【初心者向け】元銀行員がおすすめする資産運用5選

「資産運用を始めたいけど、何からすればいいのかわからない」

「失敗やリスクはこわいから、お手軽なものから始めたい」

本記事は、初心者の資産運用完全版です。初心者向けに、元銀行員が選ぶおすすめの資産運用5選をご紹介します。

全てリスクが比較的少なく初心者におすすめなので、興味のあるものからご覧ください。

そもそも資産運用がなぜ必要なのかを自分なりに理解していなければ、値動きや景気に惑わされてしまい、目先の利益に目が行きがちです。物価上昇リスクや将来の資産形成のためなど、資産運用の必要性はいろいろありますが、人によって状況が違うので、自分なりに資産運用の意義についても考えましょう。

そのうえで、「長期・積立・分散」投資をこつこつしていきましょう。

なぜ資産運用が必要なのかを知りたい方はこちら。

資産運用の基本や心構えについてはこちら。

関連記事:coming soon…

 

ロボアドバイザー

こんな方にオススメ

・よく分からないので、全部お任せしたい

・知識はないが、世界中に分散投資したい

・いちいち投資先や手数料を考えるのが面倒

ロボアドとは完全放置型の資産運用です。※ここでは投資一任型のみの紹介です。

入金をすれば、何にどのくらい投資するか、またその割合を全て自動で決定してくれます。

非常に便利で楽な資産運用ができ、初心者でも口座開設をして入金さえすれば、世界中のETF(上場投資信託)に分散投資を勝手にやってくれます。

代表的なのは、WealthNaviTHEOの2つです。

WealthNaviは、預かり資産1,100億円、申込件数15万口座を突破する、国内トップクラスのロボアドです。(2018/11/7時点)

THEOも国内上位の人気あるロボアドで、20代30代を中心に、運用者は5.7万人を突破しています。(2018/10/31時点)

ロボアドは、最初に目標金額やリスク許容度などを答えるだけで、口座開設をして入金をすれば自動的に分散投資を行ってくれます。

またWealthNaviもTHEOも積立の設定ができるので、設定さえすれば「長期・積立・分散」投資が実現できます。

資産運用についてよく知らなくても全く問題ありませんが、ロボアドはインデックス(株価指数連動)投資なので、株価が下落すれば運用実績がマイナスになることもあります。

そのときに動揺せず、淡々と積み立てを継続することが成功のポイントです。いったん設定すれば当分運用成績を見ないのもよいかもしれません。

僕も毎月1万をWealthNaviで積み立てており、その成績もブログやTwitterで公開しているので、ぜひご覧ください。

WealthNavi公式ページへ
THEO公式ページへ

初心者の方は関連記事を読んで、まずこの2つを比較し、全自動で最先端の資産運用をしてみましょう。

 

つみたてNISA

こんな方にオススメ!

・毎月少額から積立投資がしたい

・投資信託の銘柄選びで失敗したくない

・非課税制度を活用したい

2018/1からスタートした、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

具体的には、投資信託の積立で得た利益が、通常20.315%課税されますが、それが非課税になる制度です

1万円の利益で2,000円近く税金として取られていたのが、ゼロになるのは大きいです。

非課税枠は、1年で40万以内。期間は最長20年間なので、合計で800万円もの非課税枠があります。

初心者にオススメできるポイントは、このつみたてNISAで購入できる投資信託は、金融庁が厳選した良質なものしかないという点です。

金融庁が長期・積立・分散投資に適している銘柄(手数料が低いなど)を厳選しているのでどの投資信託を買っても、失敗した!と思うことは少ないでしょう。

僕は毎月1万円を楽天証券でつみたてNISAしていますが、積立銘柄および運用成績はブログやTwitterで公開しています。是非参考にしてください。

次の記事では、通常のNISAや話題のiDeCoとも比較しています。

iDeCo(個人型確定拠出年金)

こんな方にオススメ!

・がっつり節税して、節約したい

・老後資金を計画的に準備したい

・投資信託の銘柄選びで失敗したくない

iDeCoは個人型確定拠出年金のことで、毎月拠出する掛金を、投資信託や保険、定期預金などの商品を自分で選択し、運用していく制度です。

拠出する金額、運用商品、運用割合を自分で決めることができます。

そして一番のポイントは、つみたてNISAよりも非課税制度が大変充実している点です。

運用益が非課税なのはもちろん、毎月の掛け金が全額所得控除になり、所得税や住民税の節税になります。

例えば、年収450万円の人が毎月1万円を積み立てた場合、1年間で24,000円の節税になります。

運用商品を定期預金等の低リスクの商品にして、非課税の恩恵を受けるだけでも、かなりお得です。

デメリットとしては、60歳まで原則引き出せないことですが、毎月1.2万でも強制的に積み立てておくことを僕は強くおすすめします。

最近では、政府が確定拠出年金を推進していたり、多くの企業が企業年金を確定拠出年金に変更したりしています。これまでの確定給付型の制度が限界を迎えているからです。

自分の老後資金は自分で備える時代。少額でもいいので、少しでも早く始めましょう。

 

楽天ポイント投資

楽天証券では、なんと楽天スーパーポイントで投資信託を買うことができます!

買い物やクレジットカードで貯めた楽天ポイントを使うために、無駄なものを買っていませんか?

ポイントで投資信託を買えば、無駄なポイントがなくなる上に、「消費」ではなく「投資」に使うことで、元本ゼロで投資を経験できます。

今すぐにでも、楽天証券の口座を開設して、ポイント投資を始めるべきです。

また楽天証券で投資信託を積み立てる際に、楽天カード決済が利用可能です。楽天カード決済で投信積立をして、貯まった楽天ポイントをさらにポイント投資に使うというお金の好循環が生まれます。

インヴァストカード(クレカポイント投資)

インヴァストカードは、還元率1%のポイント積立専用のクレジットカードです。

初年度の年会費は無料、売買手数料も無料です。 
(次年度以降は前年1回以上のカードショッピングのご利用で年会費無料。)

クレジットカードのポイントを現金にして積立投資を行うので、ポイントを失効させることもなくなります。

これまで投資経験のない方でも、運用資金や投資に関する知識、コスト等に大きなストレスを感じることなく、投資を体感できます。

投資先は国内外のETF(上場投資信託)で、自動売買による取引を行います。

インヴァストカードは元本ゼロで始められる、超おすすめのクレカポイント投資です。

インヴァストカード 公式ページ

 

まとめ

 

初心者におすすめ資産運用は、

・完全放置型ならロボアド

・少額からこつこつならつみたてNISA

・がっつり節税して老後資金のための長期積立ならiDeCo

・元本ゼロなら、楽天ポイント・インヴァストカード

投資や資産運用を怖いと感じている方も、勇気をもって少額から始めてみましょう。

昔のバブルのように、何もしなくてもお金が増える時代ではありませんし、時間とともにお金の価値は目減りしていきます。

大切な貯金を円預金のまま価値が下がらないように、資産運用をしてお金を守りましょう。