投資信託

【証券会社ランキング1位】楽天証券を選ぶべき3つの理由

初心者の方は特に証券会社選びに苦労しているのではないでしょうか。

この記事で私もメインで使っている楽天証券のおすすめポイントをご紹介します。

最近では既存の銀行や証券会社よりも、手数料が安く便利なオンライン証券・ネット証券が投資初心者に人気です。

私自身もつみたてNISAや投信購入も、楽天証券をメインに使っています。

運用内容は他の記事やTwitterに公開しているのでご覧ください。

楽天証券は、使い勝手がよくおすすめできるポイントが多いため、投資をしたい人は楽天証券の口座を1つ持っていれば便利です。

様々な証券会社ランキングでも上位に食い込んでいます。

記事の要点まとめ

・楽天スーパーポイントで投資信託が買える!
・楽天カード決済で投信積立をすれば、ポイントも貯まりお得!
・楽天銀行と連携すれば、普通預金金利が5倍に!
・楽天証券で日本経済新聞が無料で読める!

楽天スーパーポイントで投資信託が買える!

楽天証券をおすすめする一番の理由は、楽天スーパーポイントで投資信託が買える点です。

他の証券会社にはない、楽天証券ならではのサービスです。

・楽天ポイントを無駄にしない
・元本ゼロで投資ができる
・お金がなくても投資の勉強ができる

毎月の支払いや買い物を楽天カードを使ってポイントをため、楽天証券で投資信託を買う。

これで無理なく、自己資金なしで気軽に資産運用ができます。

しかも、2018/10/27から楽天カード決済で投資信託積立をすることも可能になります!!

楽天カードクレジット決済限定 投資信託の積立で楽天カードのポイントが貯まります!

楽天証券では100円から投信積立ができるので、楽天カード決済で少額から投信積立をして、ポイントをため、そのポイントでまた投信を買うこともできます。

かなりお得な楽天証券と楽天カードの組み合わせは、どちらも年会費等はかからないので、口座開設をしてクレジットカードを作って、自分の投資圏を作ってしまいましょう。

関連記事:【初心者はここから】投資信託の選び方とおすすめ銘柄

 

楽天銀行との連携で普通預金金利0.5%に!

楽天証券楽天銀行の口座を連携させると(マネーブリッジ)、手数料無料で入出金ができ、普通預金金利も0.1%になります。

現在の普通預金金利は0.01%ですが、楽天銀行は通常0.02%で2倍です。さらに口座連携をするだけで、0.1%となり、他の銀行に比べて10倍です。

このように、楽天経済圏で証券・銀行・クレジットカードをうまく使えば、かなりお得なマネーライフが送れるようになっています。

何も考えずに、バラバラのブランドを使うよりも、お得に楽天を活用しましょう。

楽天証券で日本経済新聞が無料で読める!

楽天証券は口座開設をするだけで、たくさんの投資情報が見れますが、実は日経新聞の記事が無料で読めます。

これはあまり知られていませんが、日経テレコンが無料で閲覧でき、日本の経済ニュースの最重要発信源である日本経済新聞(朝刊・ 夕刊)や日経速報ニュースなど、充実の機能を搭載しています。

通常、日経新聞(電子版)を登録すれば、毎月4,200円かかりますが、楽天証券の口座開設(無料)をするだけで日経新聞が読めるので、こちらのほうが圧倒的にお得です。

他にも、楽天証券はマーケット情報や時事ニュース、初心者向けの投資コラムがほかの証券会社に比べてかなり充実しているので、勉強のために口座開設して情報を得るだけでも、お得な使い方です。

まとめ

 

記事の要点まとめ

・楽天スーパーポイントで投資信託が買える!
・楽天カード決済で投信積立をすれば、ポイントも貯まりお得!
・楽天銀行と連携すれば、普通預金金利が5倍に!
・楽天証券で日本経済新聞が無料で読める!

楽天証券楽天銀行楽天カード、すべて年会費や手数料無料で作ることができます。

普段何気なく使っている銀行やカードをうまく楽天に結び付けて、楽天証券でポイント投資をせっせとすれば、無理なく資産運用ができます。

少しでも興味のある方は、口座開設をしてみてください。

始めてみると見えてくることもあるので、楽天でリスクゼロから始めてみましょう!

楽天証券