資産運用の基本

【銀行員はFXや株ができない!?】その理由と解決策とは

銀行員はFXや株ができないのでしょうか。

多くの銀行員は一般の人より金融知識もあり、株やFXをやればうまくいくと思っている方もいるでしょう。

しかし就業規則などを見ると禁止されいており、どうしてもやってみたい方はバレなければ大丈夫と思われるかもしれません。

 

しかし、【結論:銀行員はFXや投機目的の株取引は禁止されています】

本記事では、銀行員がFXや株取引が禁止されている理由とその解決策について解説します。

 

銀行員がFXと株が禁止されている理由

その理由とは、投機目的でFXや株に手を出すと大損をする可能性があるからです。

これは銀行員に限らず、よく勉強せずに儲かると信じて投機に手を出した人間は高い確率で損をします。

少なくとも、最低限の知識や取引の仕組み、リスクを減らす方法などをしっかりと勉強した人は損する確率を減らすことができ、FXや株と有効な資産運用方法となりえます。

しかし多くの人は十分な勉強をせずに始めるので、大損する可能性があります。

 

ではなぜ銀行員だけが取引すること自体禁止されているのでしょうか。

それは銀行員という職業上、多くの企業や個人の預金を動かすことができる立場にあり、自分の損失補填のために顧客の預金を横領することを防ぐためです。

実際に銀行員が損失補填のために顧客の預金を着服し、逮捕される事件がこれまでいくつかありました。興味のある方は調べてみてください。

こういった不祥事を防ぐ目的で、投機的なFXや株取引は禁止している銀行がほとんどです。

銀行内でインサイダー情報を入手できる方や業務上でディーラーとして市場取引を行っている方が、プライベートで株取引を行って利益を上げることは、一般人よりも明らかに有利なポジションにあるので禁止されるのは当然。

しかしこれまで述べてように、損失補填のための不正行為を防ぐ目的で銀行員は投機目的の株やFXは禁止されているのです。

 

投機目的でない株取引は?

投機目的でない株の保有などは、多くの銀行で許可制となっております。

投機目的でなくても、親族の死亡で株を相続した場合や、両親が会社を経営しており家族で株を分け合って所有している場合など、やむを得ない事情があり長期的に保有する場合に、申請を出せば許可してもらいという形になります。

 

銀行員の資産運用はどうすればいいの?

FXや株ができない場合、資産運用は何をすればよいのでしょうか。

銀行員の場合、業務で投資信託や債券を扱っている人もいるでしょう。基本的な金融知識があれば、投資信託やロボアドバイザーによる資産運用から始めてみるのがおすすめです。

初心者におすすめの資産運用は次の記事にまとまっているので、参考にしてみてください。

ここで一つ注意点ですが、投資信託を買う場合、銀行から買ってはいけません。

なぜか。銀行は手数料の安い投資信託の取り扱いが少ないからです。

 

例えば購入時手数料無料の投資信託の本数で比較してみましょう。

日本最大のメガバンクである三菱UFJ銀行とオンライン証券の代表格である楽天証券で比べてみます。

三菱UFJ銀行の購入時手数料無料の投資信託本数は62本。

楽天証券の購入時手数料無料の投資信託本数は1,349本。

(ともに2018/12/08時点の情報)

比べてみれば明らかですが、オンライン証券のほうが初心者に優しい手数料の安い投資信託が多くそろっています。

投資信託を選ぶポイントは手数料以外にもいくつかありますが、詳しくは次の記事をご覧ください。

オンライン証券はスマホで手続きも完結できるので、若者を中心にいま人気です。

私は個人的につみたてNISAを楽天証券でやっています。楽天ポイントで投資信託が買えるなど、最もおすすめなのは楽天証券です。

次の記事で楽天証券のメリットを確認し、口座開設してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

・銀行員は投機目的でのFXや株は禁止

・その理由は損失補填の不正行為(横領など)を防ぐため

・銀行員は投資信託やロボアドでの資産運用がおすすめ

・投資信託を買うならオンライン証券で

 

銀行員の方で、銀行にばれないようにFXをしてやろうと思う方もいるかもしれませんが、業者が金融庁に確認すればすぐにばれてしまうのでやめましょう。そんなことで銀行を首になっていいのかよく考えたほうがいいです。

銀行員という職業についているのであれば、投資信託やロボアドバイザーといった堅実な資産運用で、将来の資産形成をしていくのがおすすめです。