資産運用の基本

資産運用をする割合・金額はどのくらい?【毎月の収支と貯蓄額から考えよう】

銀行に預けていても低金利で利子はほとんどつかない時代。

少子高齢化で将来十分な年金をもらえるかも分からない。

平均寿命は伸びる一方で、将来のためにお金をどんどん貯蓄しないと老後にちゃんと生活できるか不安です。

将来をしっかりと考え、今からでも資産形成をしようと方は増えています。

つみたてNISAやiDeCo、ロボアドバイザーといったものが話題になり、ますますその重要性は高まっています。

しかし、いざ資産運用を始めようと思っても、毎月の生活もあるし、住宅ローンの支払いやクレジットカードの支払いに追われている人もいるでしょう。

初心者の多くがまず直面する問題は、毎月の収支や貯蓄額を考えて、毎月いくらずつ資産運用に回せば良いのだろう、というものです。

本記事では、給料や貯蓄額を考慮して毎月いくら資産運用に回せばいいか、資産運用をする前にいくら貯金すればよいのかといった疑問にお答えします。

 

資産運用を始める前に考えるべきこと

 

資産運用を始める際に考えるべきことは以下の3つです。

・資産運用をする目的は何か。

・現在の貯蓄額はいくらか。

・毎月の給料から生活費を差し引くといくら残るのか。

かなり簡略化しましたが、多すぎてもわからなくなるので、この3つを明確にして資産運用を始めましょう。

 

資産運用をする目的は何か

 

まず資産運用をなぜ始めようとしたかを考えましょう。

・老後の資産形成のため

・マイホーム購入資金をためるため

・余剰資金を有効活用したいため などなど

目的は明確であればよいですが、将来の漠然とした不安や毎月の余ったお金から始めてみたいといった軽い理由でも構いません。

大事なのは、資産運用の目標を設定することです。

明確な目的がない場合は、「最終的にいくら資産運用をする」という終わりを決めるのではなく、「毎月○○円資産運用する」という目標を設定し、こつこつ資産運用しましょう

具体的な金額の設定方法は後述します。

明確な目標がある場合は、目標金額と期間、想定利回りを決めましょう。

最終的な目標から逆算して毎月の積立金額を算出できます。

想定利回りは、個人がどれくらいリスクを取れるかといったリスク許容度によって決まります。

リスクを取れる人であれば株式の投資信託を中心にしたり、リスクを取りたくない人は債券中心の投資信託にしたり。

ロボアドバイザーで全て任せるといった手もありです。

個人のリスク許容度の決め方とそれに応じた資産運用方法は別記事で紹介します。

 

現在の貯蓄額はいくらあるのか

 

自分の貯蓄額を計算しましょう。不動産などは含めず、現預金のみが望ましいです。

なぜかというと、資産運用は余剰資金で行うことが大前提だからです。

大げさに言えば、収入をすべて失ってもある程度生活していけるかどうかが大切です。

よく言われているのは、生活費の3か月分は円預金で取っておきましょうというものです。もし仮に仕事を失っても、最低限3か月分の生活費があれば次の仕事が見つかるといった理由です。

個人の事情や家族構成、年齢によっても変わると思いますが、最低限の貯金を確保したうえで、余剰資金で資産運用を行うことを強く意識しましょう。

 

結局いくら貯金あればいいの?という方には、給料の3か月分が円預金で貯金されているかを基準にすればよいと思います。

 

毎月の収支を考えて、毎月の資産運用額を決めよう

 

これまで資産運用の目標と貯蓄額を明確にしてきました。

まず明確な目的がなく、とりあえず余剰資金で長期的に資産運用した方は、上記の貯蓄額が給料の3か月分以上あるかどうかです。

無ければ、まずは最低でも給料の3か月分は貯金しましょう。そこからスタートです。

十分な貯蓄がある方は、【毎月の給料】-【1か月の生活費】=余剰資金を計算しましょう。

資産運用に回せる金額は、その余剰資金全額です

すでに十分な貯蓄がある場合は、全額を資産運用に回してもよいでしょう。

そもそも最低限の貯金はあるので、残りはリスクをとって資産運用に回すことは可能です。

さすがに全額は…という方は自分でいくらかを決めてやりましょう。

余剰資金が毎月5万円発生しそうだなという方は、まず毎月3万円から始めてみようといった具合で、個人の感覚次第です。

 

明確な目標がある場合、余剰資金>毎月の目標資産運用額であれば、目標額を資産運用に回しましょう。

余剰資金が目標額に届かない場合は、無理する必要はありません。

毎月余剰資金分だけ資産運用に回して、収入増と支出減に注力しましょう。

 

まとめ

 

資産運用を始める場合の金額の決め方は、

1.資産運用の目的を明確にし、目標額と期間、想定利回りを決めよう。とりあえず資産運用したい方は、最終的な目標は決めなくても大丈夫です

2.現在の貯蓄額を把握しよう。不動産等は考えず円預金での貯金額です。最低でも給料の3か月分は円預金での貯蓄を確保しておきましょう。資産運用はそこからスタートです。

3.最低限の貯蓄の準備ができれば、毎月の収支を計算します。余剰資金がいくらあるのかです。そして資産運用に回せる金額は、その余剰資金全額です。目標額から逆算して毎月の資産運用額を算出している人はその額でもよいですが、余剰資金を超える額はやめましょう。

 

以上が資産運用を始める際の金額の決め方です。

初心者向けの資産運用方法の紹介はこちらから↓

元銀行員がおすすめする初心者向けの資産運用5選

参考にしてみてください。